スポンサーサイト

【Rorstrand/Carl-Harry Stalhane】 SHI BOWL

久しぶりに素敵な器に出会ってしまいました。Rorstrandのスタジオライン、Carl-Harry Stalhaneによるものです。高台内には「SHI」の文字が。彼のスタジオ作品にはこういったアルファベット3文字が見られますが、型番みたいなものなんでしょうか。それはさておきこの釉薬が生み出す色のグラデーション、ワタクシ、この手のものにとても弱い。...

【Rorstrand】 Picknickシリーズ、子豚のソルト入れ。

つぶらな瞳、手のひらにすっぽり収まる可愛いサイズ、そして豚なのに牛柄(笑)。たまらなく可愛いこの子はロールストランドのもの。1950年代後半から60年代にかけて生産されたソルトボトルです。...

【Rorstrand】 レトロなAnnika

SWEDENの陶磁器メーカー、Rorstrand(ロールストランド)、「Annika」シリーズのトリオです。Marianne Westman(マリアンヌ・ウェストマン)によってデザインされ、製造されたのは1972年から83年にかけてとのこと。…っていうことは、少なくともこのトリオ、30歳にはなっているっていうことか。。。...

【Rorstrand】 アマンダのオーブン皿

以前ティーC/Sとケーキプレートを紹介したRorstrand、amanndaシリーズのオーブンウェアです。...

【Rorstrand】 Kastanj=「栗」のトリオ

ロールストランドの「Kastanj」。あまり見かけないシリーズです。こちらは日本で買い求めたのではなく【セカイモン】を利用して、米国のオークションで落札しました。...

【Rorstrand】 Edenのトリオ♪

ロールストランド(Rorstrand)、エデン(Eden)のトリオです。以前に紹介したAmalia同様、深くも鮮やかなコバルトブルーがとっても素敵。...

【Rorstrand】 アマンダとアマリア

数年前、吉祥寺の【トランジスタ(transista)】というお店で見かけて一目惚れした、スウェーデンの陶磁器メーカー、ロールストランドのアマンダ。...

【Rorstrand】 眺めてよし、使ってよし。「BAHIA」

数年前、北欧の器に魅せられて、しばらく夢中になったことがありました。でも、お金もそんなにあるわけじゃなし、何より狭い1Kでの一人暮らし。欲しい物を欲しいという気持ちのままに買うことなんて到底無理。雑誌や本を眺めてはうっとりするのが関の山。...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。