スポンサーサイト

【Gustavsberg】 Bagskyttのトリオ

美味しそうなベリータルトとたっぷりのラテ。ゴールデンウィーク後半は「朝スイーツ」でスタートです。今日使ったトリオはグスタフスベリのボーグフィットというシリーズ。プレートは時折、北欧ヴィンテージを扱うお店で見かけますが、カップ&ソーサーはあまり巡り会うことのないアイテムです。...

【Gustavsberg/Edvard Lindahl】 ウィンクふくろう☆

てのひらサイズの可愛いフクロウはスウェーデンの陶磁器メーカー、Gustavsberg(グスタフスベリ)のもの。デザイナーはEdvard Lindahl(エドワルド・リンダール)。製造はなんと1958年だそうです。...

【Gustavsberg/Lisa Larson】 ミナ・ペルホネンとのコラボFox

コロンとした形と愛嬌たっぷりなところが魅力のリサ・ラーソンの動物たち。これまで猫を中心に集めてきましたが、今回ははじめまして!のキツネをお迎えしました。しかもこれまた大好きなミナ・ペルホネンとのコラボというおまけ付き。...

【Gustavsberg/Britt Louise Sundell】 鳥の陶板

艶のある美しい黒地に艶やかな水色、萌葱色、そして飴色がのった陶板はスウェーデンはGustavsberg(グスタフスベリ)社のもの。製作されたのは1970年前後とのこと。Britt-Louise Sundell(ブリト・ルイス・サンデル)によるデザインです。...

【Gustavsberg/Edvard Lindahl】 掌サイズフクロウ第2弾、ハバタキちゃん!

獲物を狙い定めたような鋭い眼光、なのにどこか愛嬌もあるフクロウはEdvard Lindahlのデザイン。Gustavsberg社のもの。...

【Gustavsberg/Britt-Louise Sundell】 Ringoシリーズの不思議な動物

Gustavsberg社、Britt-Louise Sundellがデザインした動物の置物。猫?はたまたリス?定かではありませんが、なんとも魅力的なオブジェです。...

【Gustavsberg/Edvard Lindahl】 手のひらサイズのフクロウ

Gustavsbergのフクロウがはるばるデンマークから我が家に飛んできました!デザインはEdvard Lindahl。手の中にすっぽり収まってしまう可愛いサイズながらその存在感は抜群です。...

【Gustavsberg/STIG LINDBERG】 Mint Condition!な「PRUNUS」手に入れました♪

カトラリースクラッチもほとんどなければ、プリントの刷れ・抜けもない、本当に本当に状態の良い「PRUNUS」を手に入れました!もうかれこれ半年以上、状態の良い物と巡り会えたらいいなぁと恋い焦がれ続けてきたので、念願叶って今幸せです♪入手先はもう何度かお世話になっている【13th floor】さん。...

【Gustavsberg/Karin Bjorquist】 染め付けみたいな

甘い香りがとっても素敵なクチナシ。今が旬の花。束で売られているのを見つけて、買ってきました。まだ全部つぼみだけれど、水揚げがうまくいって、きれいに咲きますように。さて、このお花を生けたのがずーっとオブジェにしていた、Karin Bjorquistがデザインした染め付けを思わせる花器。...

【Gustavsberg/Karin Bjorquist】 北欧生まれ、和の佇まい。

クレマチスを一輪だけ。線の柔らかい植物が、この花瓶には似合うと思いました。グスタフスベリ窯はKarin Bjorquistデザイン、INDIGOのフラワーベースです。...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。