スポンサーサイト

【Upsala Ekeby/Mari Simmulson】 赤いフクロウ

1970年に製作されたマリ・シムルソンの赤いフクロウ。以前に紹介した茶色い素地に白で絵付けがされた子は度々お見かけしますが、この赤いフクロウはちょっと珍しいかと思います。繊細な幾何学模様が施されたボディにのせられたのは朱色の釉薬。キャビネットの上に置いていますが、際だって目に止まります。...

【Upsala Ekeby/Mari Simmulson】 彫刻のような深皿

スウェーデンはUpsala Ekeby窯、デザイナーはMari Simmulson。マリ・シムルソンといえば、こんな風に彫刻のようなデザインが多く見られますが、中でもこれは、まるで古代壁画のよう。1960年代の作品です。...

【Upsala Ekeby】 Mari Simmulsonの蝶と花の花瓶

この青い実、「あおもじ」と言います。フレッシュなグリーンが良く映える白い小さな一輪挿しはUpsala Ekeby(ウプサラ・エクビィ)のもの。デザイナーはMari Simmulson(マリ・シムルソン)。...

【Upsala Ekeby】 Mari Simmulsonのふくろう

つぶらな瞳の可愛い子、Upsala Ekeby、Mari Simmulsonデザインのふくろうです!この子の良さは正面だけにあらず。...

【Gefle】 TULPANのスープボウル

久しぶりにカレーが食べたくなりました。見かけは普通ですが、実は和風です。...

【Upsala Ekeby】 大きなボウル

ウプサラエクビー(Upsala Ekeby)はスウェーデンの陶磁器メーカー。グスタフスベリ(Gustavsberg)やロールストランド(Rorstrand)ほどメジャーではないかもしれませんが、私、ここの器も好きなのです。...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。