スポンサーサイト

【ARABIA/Ulla procope】 Valenciaのトリオ

バレンシアといえばアラビアを代表する女性デザイナーウラ・プロコッペが手がけたことで有名。1960年に生産が開始され、ロングセラーとなったバレンシア。筆遣いと色味が本当に素敵です。...

【Gustavsberg/Lisa Larson】 ミナ・ペルホネンとのコラボFox

コロンとした形と愛嬌たっぷりなところが魅力のリサ・ラーソンの動物たち。これまで猫を中心に集めてきましたが、今回ははじめまして!のキツネをお迎えしました。しかもこれまた大好きなミナ・ペルホネンとのコラボというおまけ付き。...

【Upsala Ekeby/Mari Simmulson】 赤いフクロウ

1970年に製作されたマリ・シムルソンの赤いフクロウ。以前に紹介した茶色い素地に白で絵付けがされた子は度々お見かけしますが、この赤いフクロウはちょっと珍しいかと思います。繊細な幾何学模様が施されたボディにのせられたのは朱色の釉薬。キャビネットの上に置いていますが、際だって目に止まります。...

【Lisa Larson/Gustavsberg】 Stora zoo Katt

猫好きだというLisa Larson。それだけに彼女が手がける猫たちはどれもそれぞれに愛らしい。こちらの猫はこれまでも何度か画像ではお目に掛かっていましたが、とあるショップの店頭で実物を見る機会があり、その表情、縞模様、大きさにすっかり魅了されたという次第。リサ・ラーソンの「Stora zoo Katt」です!...

【ヘレナルビンスタイン】 プロディジーP.C.ファンデーション

東京では早くも桜の花が満開に。三寒四温…と言いながらなかなか暖かくならなかった2月が嘘のようです。さて。春といえば年度替わり。私にとっては新年を迎える時以上に、「これからの一年はこうありたい!」「がんばるぞ!」という意欲がむくむくと湧いてくる季節であります。そんな中やってきた春分の日、久々のお休みとなりました。好天にも恵まれ、お買い物にお出かけ。向かった先は新宿三丁目界隈。...

【Soholm】 巻尾猫、2号が仲間入り。

くるりと巻かれた尻尾に得も言われぬ表情の猫。どこかで見たことがある?はい。以前紹介したこちら→★の仲間でございます。デンマークのボーホルム島にあった、スーホルム(Soholm)という陶器メーカーの製品。...

【iittala×marimekko】 コラボアイテムのmaribowl

イッタラとマリメッコのコラボレーションにより誕生したマリボウル。その存在を知ったときから「素敵!」と思いつつも「いつでも手に入れられるし…」と後回しにしていたアイテム。実は年末のお買い物にてゲットしていました。お迎えしたのはラージサイズのクリアです。...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。