スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【松崎麗】 選べなかった飯碗

PB134951.jpg

数年前、「代官山 暮らす。」さんで行われていた「いただきます。」という
飯碗を中心とした毎日のゴハンに欠かせない品々だけを集めた企画展で購入した
松崎麗さんの飯碗です。

私が購入した頃はまだご結婚前で石崎さんというお名前でした。
今は子育ての真っ最中で作陶は少しお休みされているようです。

そしてまた、購入先の「暮らす。」さんも神楽坂にお引っ越しし、
新生「神楽坂 暮らす。」としてお店を開かれていると最近知りました。
現在、ネットショップでも秋恒例となったのでしょう。
飯碗展を開催中ですので、気になる方、覗いてみて下さい。
他とはひと味違った変わり飯碗たちが並んでいます!
(お店のHPはこちら→

201111131200573.jpg

松崎さんの作品はだいぶ前に益子の陶器市に出掛けた際に一つ購入していて、
ぽってりとしたフォルムとしっとりとした手触り、
雰囲気あるブルーの絵付けが大好きでした。

彼女はティーポットやカップなど、お茶時の器を中心に作っているので、
飯碗を見たのは初めてでした。それもたまたま。偶然。
もうテンションが上がる上がる(笑)。

店内にいた客が私ひとりだったのを良いことに、
まあ悩みました。お店の方はきっと呆れていたでしょう。
結局…一つに絞れず、2ついただいてきたそのことを
昨日のことのように思い出せる器たちです。

1つはマットな質感、1つは艶のある釉薬がかかっていて、
同じ青で描かれた絵もまるで印象が違います。
しかもこの柄、和のおかずにも洋のおかずにもとてもよく合ってくれるので、
その点でもかなりお気に入り。
思い入れの強い飯碗です!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統 | ジャンル: 趣味・実用

【Bjørn Wiinblad】 ブルーのランチョンマット | Home | 【Royal Copenhagen】 大きなフリーカップ

コメント

「神楽坂 暮らす。」です

こんにちは。
たまたま検索をしていて、こちらのページにたどりつきました。以前松崎さんの器をお買い上げいただいたとのことで、ありがとうございます。
私も、懐かしい画像を拝見して、懐かしい想いで、記事を読ませていただきました。
時は流れて、当店も代官山から神楽坂へ移転しました。あたらしい店舗も、ゆっくりうつわを楽しんでもらえる空間ですので、お時間があればのぞきにきてくださいね。
では。

2011/12/08 (Thu) 12:43 | 神楽坂 暮らす。 #czGgVZCE | URL | 編集
No title

神楽坂 暮らす。さま

こんにちは。うわー、コメントをいただけるなんて感激です!
この記事を書くにあたりいろいろ調べたところ
石崎さんが松崎さんになっていたり、
暮らす。さんが神楽坂にお引っ越ししていたり、
時の流れを感じて、一人感慨に耽っていたところでした。

神楽坂、個人的に大好きな街ですので、
近々必ずお伺いいたします。その時はご迷惑かもしれませんが、
ご挨拶させていただきたいと思います♪

代官山の誰かの家にお邪魔したような感じ、
ちょっと懐かしい雰囲気、大好きでしたが、
今度のお店もきっと素敵なんでしょうね。楽しみです。

2011/12/09 (Fri) 15:47 | 環 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。