スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Bjørn Wiinblad】 ブルーのランチョンマット

PB134936.jpg

デンマークから届いたBjørn Wiinbladのランチョンマット。

ウィンブラッドの人物画は好き嫌いがはっきり分かれるところですが、
私は一度エル・デコの特集を見て以来、すっかりファンです。

こちらのランチョンマットもそれはそれは賑やかです。
でも単色で描かれているためか清涼感があり、
実用性もなかなかです。お皿を上に載せてもちゃんとさまになります。

201111131200571.jpg

一つ一つの絵をじっくり見ても、それはそれで可愛い♪
北欧デザインの中でも異質ですが、
個性的なんだけれど、割とどんなテイストも受け入れて合ってしまうあたり、
ウィンブラッドの力量だなぁと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 魚模様の花瓶 | Home | 【松崎麗】 選べなかった飯碗

コメント

No title

Wiinbladさんの作品、ほんとにすごいですよね。インパクトはあるし細かいし、味もあるし・・・。
さすがポルセリンアーティストだけではなく、舞台衣装や、舞台デザインも手掛けたNYでもみとめられていた凄いお人です★

デンマークのアンティークショップのオーナーさんが「亡くなってしまったデザイナーなので、これからまた彼の作品が年数をかけてどんどん値上がりしてきちゃうね」って言ってましたよ!

NymolleやRosenthal・・・いろんな描き方のものがありますが、好きなタイプのものを一緒に集めて行きたいですね―!!(私はNymolle派です♪)

2011/11/18 (Fri) 01:13 | Leksak #MDMkRtpI | URL | 編集
Leksakさん

おっしゃるとおり!個性的かつ繊細な絵付けに魅了されっぱなしです。
その点で私もNYMOLLE好きです♪

…といいながら、Rosenthal の金彩もしっかり持っているのですが(笑)。
プロダクトならではの均整の取れた形も、それはそれで良くって。

あぁ…やっぱり工房時代の花器も欲しいなぁ。
Riihimaen Lasiを優先しちゃいましたが、
近々お願いするかも、です。
…といいつつ、Riihimaen LasiのAurinkoも実は欲しいし、
探している方がたくさんいらしゃるだろうDYBDAHLの小鳥も欲しい(笑)。

この物欲、北欧熱、しばらく治りそうにないです。
もしかしたら一生かも。

2011/11/18 (Fri) 19:50 | 環 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。