スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 仕切りのあるお皿

PC075324.jpg

ロイヤルコペンハーゲンのテネラシリーズ、
3つに仕切られた長方形のお皿。
上はKari Christensen、
下はMarianne Johnsonによるデザイン。

Kari Christensenのお皿に描かれたお花、
昨日紹介した脚付き皿のお花とちょっと雰囲気が似ています。
それよりも、以前紹介した鍋敷きに近いかな。

そして。Marianne Johnsonの方は
私は持っていませんが、
蓋に同じ鳥が描かれたバターディッシュを時々見かけます。

仕切りトレイ

それよりも気になっているのは
Marianne Johnsonのお皿の裏。
普通は絵付け師とデザイナーのサインがあるのですが、
こちらには上の写真、右中央の文字が書かれているのです。
「1984」はきっと西暦。
記されているのはどなたかの名前だと思うのですが、
これが一体何を意味しているのか…。なぞです。

どなたか、ご存じの方がいらっしゃいましたら
ぜひぜひ教えて下さい!


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 鳥つながりの花瓶 | Home | 【今日のゴハン】 自分へのクリスマスプレゼント♪その1

コメント

こんにちはー!また可愛いものお持ちなんですね―!私もこのシリーズ好きです!と言っても持ってないですが・・・w

裏のサインはきっとGretheさんがGrenさんにプレゼントしたものじゃないかしら?
こちらの人はどうやら、プレゼントする時に名前を書くことがあるように思えます。
いろんなところで見かけますよ。イヤーマグの底のシルバーにも何年に誰に、どんな理由であてたものか彫ってあったり、本の初めのページの隅に年代と名前が書いてあったり「Til ○○ (○○さんへ)」って書いてあったりするのを見かけますよ♪

2011/12/13 (Tue) 02:39 | Leksak #- | URL | 編集

Leksakさん

こんにちは!とってもお忙しいところ、
遊びに来ていただいてありがとうございます!

GretheさんがGrenさんにプレゼント、ですか。なるほど。
ちなみに、これらは男性の名前ですか?女性の名前ですか?
どんな理由でプレゼントしたかはわかりませんが、
Grenさんが手放してしまったのか、
あるいは焼き物ですから、うまく焼けなかった時のことを考えて、
複数枚作って、プレゼントのお品ものに選ばれなかったものが出回ったのか。
きっとそんなとろこでしょうね。

そうするときっと中には「プレゼントの理由」まで記してあるものもありそうですね。
謎が解けてすっきりです♪

そういえば、日本も赤ちゃんが生まれた際の内祝いに子どもの名前を入れたり、
出版した本を誰かに差し上げるとき「謹呈」って直接書いたりしますよね。
のし袋やのし紙に書く、に限らず。

2011/12/13 (Tue) 06:05 | 環 #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。