スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【加藤財】 白ポットで「青心大有」をいただく。

P2036156.jpg

今日はこの加藤財(かとうたから)さんの白ポットをメインにしようか、
はたまた最近仲間入りした中国茶の道具を紹介しようか…
軽く悩みましたが、本当に大好きで飲みまくっている中国茶をタイトルに選択しました。
まずはポット。数日前の醤油差しのところでちょっと顔を出しましたが、
学芸大学の【宙(そら)】さんで購入した加藤財さんの小さめ白ポットです。

P2036152.jpg

おさらいになりますが、右が日本茶&紅茶用の大ポット、
左が醤油差しとして愛用中の水滴、
そして中央が中国茶用として使っているしのぎの白ポット♪

P2036153.jpg

こんなに小さいのに作りに手抜き無し。
この細かな作業の賜物とも言える茶こし、見て下さい。
人の手によるものとは思えないほど等間隔でキレイにあいた穴。見事です。

20120211151916.jpg

そしてこちらが新入りの中国茶道具の「聞香杯」のセットと「茶海」です。
香りを聞く杯、で「聞香杯(もんこうはい)」。
烏龍茶などの青茶を飲む前に、香りを楽しむのに用います。

P2116218.jpg

こちら、縦に長い筒状の方が聞香杯。こんな風にお茶を淹れて、

P2116219.jpg

飲む方の茶杯にお茶を移し替えたら、聞香杯に残った香りを嗅ぐのです。
びっくりするほど良い香りが立ち上ってきますよ!

そして「茶海(ちゃかい)」はポットのお茶を一度全てこちらに注ぎ、
この茶海から茶杯にお茶を注いでいただく、という風に使います。

P2116222.jpg

お茶の色を見るためには、白磁かガラスのものが良いとのことですが、
私は外側からも色が楽しめるガラス製を選びました♪キレイですねぇ。

P2116217.jpg

今日のお茶は【宙】さんで紹介していただいた【蘭亭(ランティン)】さんのもの。
「ワンコインお茶会」で飲ませていただき気に入った「青心大有」と
以前から好きだった「梨山高山茶(烏龍茶)」、
さらに夏にミドリウンカという虫が噛んだ一芯二葉のみを手摘みにして作らるという
高級茶、「東方美人」を買って参りました。
この「東方美人」のフルーツを思わせる甘い香りと口にしたときのまろやかさにはびっくりです。

その3つの中から今日は柑橘系の香りがするさわやかな飲み口の「青心大有」を。

P2116216.jpg

そしてお茶請けには…

201202111519161.jpg

中国茶のお茶請けといえば!なドライフルーツ、マンゴーと無花果、
それから【両口屋是清】さんの吹き寄せ(「徒然草」という名前でした)と
2月限定、バレンタイン仕様の和三盆を用意♪

中国茶は茶葉そのままから作られているので、2煎、3煎…と楽しむことができます。
なのでこれだけのお茶請けを用意してもお茶共々たっぷり味わえるのです。

P2116221.jpg

結局、昼下がりに小一時間、こんな感じで中国茶時間を堪能しました。
幸福って口福。

お気に入りの東方美人が底をつきそうなので、
来週また蘭亭さんにお邪魔しようかと考えています。
今度はオリジナルブレンドもいただいてこようかな…と、
HPを眺めながらあれこれ楽しく悩んでいる最中です。



私が購入した「茶海」と「茶杯・聞香杯」、実はとってもリーズナブル。



そして、私が中国茶にはまるきっかけをくれた【彩香】さんの東方美人茶。



烏龍茶ってこんなに透き通っていて、良い香りで、甘みもあって爽やかなお茶だったんだ!と
感動させてくれた梨山烏龍茶がこれ。個人的には今回のものよりこちらが好きです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村










関連記事
スポンサーサイト

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

【チャイ】 たっぷりスパイスが肝! | Home | 【今日のゴハン】 炊飯器deパエリア♪

コメント

はじめまして。
北欧、特にデンマークの渋めの食器が好きで、こちらを楽しみに拝見しておりました。
実は私もここ最近中国茶の美味しさにはまり気味で(作法は無知ですが)
タイムリーな話題に嬉しくなってしまいました。
中国茶器も是非是非紹介して下さい♪

2012/03/21 (Wed) 10:33 | mame #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

mameさま

コメントありがとうございます。
私は和洋問わず器が大好きなのですが、
Royal Copenhagenの古い物をきっかけに、
北欧もの、特にmameさんと同じくデンマークのものに惹かれ、
どんどん数を増やしています。
思うように更新できず、未だ紹介しきれていないのですが、
これからもぼちぼち記録がてら書いていきたいと思っていますので、
また遊びにいらして下さい。

中国茶は種類も飲み方もはたまた淹れ方もいろいろあって、
知れば知るほど奥が深いと感じます。
とはいえ、私も作法にはこだわらず、
我流で楽しんでしまっています。
中国茶器はそう沢山は持っていないのですが、
こちらも少しずつ紹介していきたいと思います。
来週には行きつけの器屋さんで
中国茶用の小さな汲み出しと、白磁の蓋碗をいただいてくる予定。
その際にはアップしますのでぜひまたコメントいただけると嬉しいです。

2012/03/21 (Wed) 22:42 | 環(たまき) #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

今日はこの加藤財(かとうたから)さんの白ポットをメインにしようか、はたまた最近仲間入りした中国茶の道具を紹介しようか…軽く悩みましたが、本当に大好きで飲みまくっ

2012.03.19 (Mon) 05:02 | まとめwoネタ速suru
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。