スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クリスチャンヌ・ペロション】 イタリアな青の鉢

温麺チャンプルー

クリスチャンヌ・ペロションさんの器がまた一つ我が家にやってきました。
形は以前紹介した黒い鉢(その時の記事はこちら)と同じ平鉢。
それよりも一回り大きい、直径20センチのものです。
適度な深さと広がりが本当に使いやすくて、何よりお料理がよく映える器。
前々からもう一回り大きなものがほしいなぁと思っていました。
そんなことも忘れかけていたある日、偶然このブルーの器と出会ってしまったのです。

ペロションブルー

ペロションさんの器はツヤありのものと、マットなものがありますが、
私は断然マットな質感が好み。偶然が生む色の濃淡もかなりツボ。
そして何より、今回のこの青が本当にきれい。
フェルメールブルーをも連想させる表情豊かな青。
周りを取り巻く光の量でその色をすっかり変えます。
もっと濃い青に見える時もあれば、グレーがかって見えたり、時には紫に見えることも。

白石温麺

今日は私の出身地の名産品の一つ、
白石温麺(しろいしうーめん)を使って、
旬を迎えている春キャベツと桜エビのチャンプルーを作ってみました。



以前は東京でほとんどお見かけしなかった温麺ですが、
被災地復興支援ということで宮城・岩手のものを置くお店が増え、
この温麺もご近所のスーパーで発見したもの。
本当は温かい汁でいただくのが一番おいしいのですが、
他の使い方はできないかなぁと思ってのチャレンジメニューです。

キャベツと桜エビのチャンプルー

ポイントは茹で上がった麺に油をからませておくこと。
温麺は他の麺より断然くっつきやすいので。

感想はまずまず。あったか麺を超えることはできませんでしたが、
これはこれでおいしかったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

【Figgjo】 LOTTEで朝ケーキ♪ | Home | 【marimekko】 ラテマグ+蓋=茶筒♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。