スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Palshus】 念願のティーポット

Palshus Tea pot

紅茶専用のポットが欲しいなぁ…とずっと思っていました。
お迎えするなら手持ちのC/Sのどれと合わせてもしっくりくるモノがいい。
そんなある日、見かけたのがこのPalshus、茶色の大きなティーポット。
でもお値段が…いかんせん高い(ここ、小声。)!
でも出会いってあるものですね。
ネットオークションに偶然セール価格で出品されているパルシュスのポット発見。
即決でした。お値段は市場価格の半額以下。嬉しい~♪

そうして我が家に嫁いできたティーポット。
どの角度から見ても惚れ惚れするフォルム。

ポットいろいろ

Palshusは1947年にとあるご夫婦が設立したデンマークの窯だそうで、
Palshusという名前は夫妻の頭文字PALSとデンマーク語で家を表すHUSを組み合わせた造語だとか。素敵。
シンプルなフォルムに茶色のマットな釉薬を用いた素朴な感じは飽きることなく長く使えそうです。

1972年には旦那様が亡くなったのを機に窯が閉鎖されたということですから、
たった25年しか作品が作られなかったのですね。
さてはて、このポットが作られたのはいつのことか。
この世に生み出されてから半世紀ぐらいは経っているのでしょうか。

マーク

ポットの裏のマークも素敵。

さてさて、このポット、単体で見ただけでは分かりづらいのですが、かなりの大きさがあります。
試しに先日やってきた身長13センチのパンダちゃんと並べてみました。

パンダと背比べ

紅茶4人分ぐらい一気に淹れられそうです。
一人で飲んだらきっと紅茶だけでお腹いっぱいですね。
でもいいの。大は小を兼ねるっていうし。

ちなみに、肝心の手持ちのC/Sとの相性ですがこの通り。

相性抜群

主張しすぎないフォルムと色、質感は
どのカップ&ソーサーとも相性バッチリ!

このポットの使い初めはいつにしようか…。
せっかくだから同じデンマーク生まれの紅茶と合わせようと
こちらを注文しちゃいました。



紅茶といったらやっぱりスイーツも欠かせませんよね。
そちらは得意のシフォンケーキを焼こう!と既に決めています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Gustavsberg/Karin Bjorquist】 北欧生まれ、和の佇まい。 | Home | 【Riihimaen Lasi】 今度は青緑色のPalaです♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

紅茶専用のポットが欲しいなぁ…とずっと思っていました。お迎えするなら手持ちのC/Sのどれと合わせてもしっくりくるモノがいい。そんなある日、見かけたのがこのPalshus、

2012.06.09 (Sat) 12:16 | まとめwoネタ速neo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。