スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Lisa Larson/Gustavsberg】 Granadaシリーズの大きなボウル

リサの大皿

リサ・ラーソン、Granadaシリーズのボウル。
デザインされたのはなんと1959年、
作られたのはそれから10年あまり、とか。
直径が28cmとかなり大きなボウルです。
偶然某ショップで見かけて一目惚れ。
製造時にお皿表面に小さな陶片がついてしまったらしく、
それが理由でとってもリーズナブルなお値段に♪

リサラーソンのお皿

写真にちょっと白っぽく写っているの、見えるでしょうか。
気になる方にはとても気になるのでしょうが、
私は「これも個性」「これも味」と感じて連れ帰ってきました。

Granadaはあの「アルハンブラ宮殿」がある
スペイン南部の都市の名前ですが、それが由来?
お皿のリムの部分には釉薬がかかっていなくて、
しかも少し赤みがかった土になっているのは、
アルハンブラ(アラビア語で「赤い城塞」の意味)をイメージしてのことかしら…と、
勝手に考えてみたりしていました。リサさん、どうなんでしょう。

お茶の時間

何を盛りつけようかと考えて、とりあえずはパンをあれこれ。
このお皿を大人数で囲んで、
盛られたものをみんなで取り分けて食べたら楽しいだろうなぁ。

【LISA LARSON】 キャット・マキシ・ブラウン

【LISA LARSON】 キャット・マキシ・ブラウン
価格:39,900円(税込、送料別)



Lisa LarsonLion(M)

Lisa LarsonLion(M)
価格:12,600円(税込、送料込)



Lisa Larsonといえば…
いつかお迎えしたいのがこのライオンと猫。
キャビネットの下にひっそりと座る姿を想像しては
ひとりでニヤニヤしている今日この頃です。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 BACAの耳付きボウル | Home | 【Gustavsberg/Karin Bjorquist】 北欧生まれ、和の佇まい。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

リサ・ラーソン、Granadaシリーズのボウル。デザインされたのはなんと1959年、作られたのはそれから10年あまり、とか。直径が28cmとかなり大きなボウルです。

2012.06.10 (Sun) 09:19 | まとめwoネタ速neo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。