スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Gunnar Nylund/Rorstrand】 魅力はそのライン。

葛まんじゅう

洋菓子はもちろんですが、特に和菓子は季節感が表れていて好きです。
きっと四季それぞれを日常の中で愛でる日本人の暮らし方が、
和菓子にも季節を取り込むようにさせてきたのかな。

そんなことをぼんやりと考えながら、
家のほど近くにある和菓子屋さんのショーケースに並んだ
葛饅頭をいただいてきました。

この和菓子がいかにもよく似合う、
ラインの美しさと微妙な色合い、釉薬の表現が美しい器は
なんとGunnar Nylundのデザイン、スウェーデンはRorstrand社のものです。
ロールストランドと言えば私も愛用しているアマンダシリーズや
近年復刻版が作られているMon Amie(モナミ)などが有名なところでしょうか。

でも実はよくよく考えてみると私が最初に手にしたRorstrandのものは
なんとグナー・ニールンドのスタジオで作られた深さのあるボウルでした。
(こちらは後日アップします)

綺麗な黄緑色

見る角度によって様々な表情を見せてくれるGunnar Nylundのスタジオもの、
Royal CopenhagenのBACAやTENERAシリーズもさることながら、
こちらもワタクシ、大好きなのです。

表情豊か

プロダクトものとはその存在感がまるで違う…。って当たり前か。

安南手とも相性抜群

今日はこの器でお茶の時間。
藤田佳三さんの安南手のカップとも相性バッチリです。

それでは、お茶時間のテーブル全景。

今日のお茶時間

葛饅頭だけにしておけば良いものの、
ついついその可愛らしさに心惹かれて手を伸ばしてしまった干菓子まで。。

小菓子

こちらは田中俊介さんのしっぽざらに乗せました。

まったりお茶時間

この美しい図がものの数分で消えてしまうのを惜しみつつ、
でもしっかり&おいしくいただきました。

おまけ。先日活けた芍薬が終わってしまったので、
まだ元気な葉っぱを活かしてあげよう!と
代わりにひまわりを。いよいよ夏だなぁという感じです。

ひまわり


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Gunnar Nylund/Rorstrand】 スタイル抜群の一輪挿し | Home | 【coharu】 マスキングテーププリンター

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。