スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Gunnar Nylund/Rorstrand】 紺青の水差し

紫陽花間に合った

紫陽花の季節を迎えてだいぶ経ちますが、
今年は芍薬にはまりすぎて、活けるのがすっかり遅くなりました。

危うく季節が終わってしまうところでしたが、間に合いました!
パステルカラーのきれいな紫陽花。

活けたのは昨日に引き続いてのロールストランド社はGunnar Nylund、
スタジオラインの水差しです。
この形、ちょっと見ないですよね。
でもこれを見つけたときから活けるなら絶対に紫陽花!と決めていました。

注ぎ口からこぼれるように活ける感じが似合う気がして。

ニールンドの水差し

形は違えど、釉薬の美しさ、色合いの深さは相変わらず。
ぽってりと丸いフォルムに合わせたような
ちょっと丸文字気味のサインも可愛い♪

全体に厚みのある作りなので結構な重さがあります。
でもその分安定感は抜群で、お花を生けるにはもってこい。

このユニークなフォルム。
でもどんなインテリアとも喧嘩しない品のある色、
さすがはニールンドだなぁと感嘆しきりです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 BACAのキュートな動物柄♪ | Home | 【Gunnar Nylund/Rorstrand】 ASH Bowl

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

紫陽花の季節を迎えてだいぶ経ちますが、今年は芍薬にはまりすぎて、活けるのがすっかり遅くなりました。危うく季節が終わってしまうところでしたが、間に合いました!パス

2012.06.25 (Mon) 03:04 | まとめwoネタ速neo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。