スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チークのキャビネット】 北欧らしいデザイン 〈前編〉

雰囲気がいい

この感じ、この感じをずっとイメージしていました!
念願かなってようやくデザイン的にもサイズ的にもぴったりなキャビネットを発見!!!
妥協しなくて本当に良かった(涙)

北欧はデンマーク生まれ、チークのキャビネットです。
以前のキャビネット

以前使っていたのはこのアメリカ製のビンテージ。
いかにもアメリカらしい堅牢な作り、
ガラス戸で中のものが全部見えるというのがよくて、
これはこれで好きでした。

でも北欧のもの、特にRoyal CopenhagenのBACAやTENERAにはまってから
色彩豊かなあの子たちが全部並ぶとちょっとうるさいかも…と感じるように。

そこで本格的なキャビネット探しをはじめたのが去年の冬。
条件は

(1)このスペースにサイズがぴったりなもの(幅110まで、奥行き35センチ程度)
(2)隣の本棚より明るい色目のもの
(3)カップ類を並べるのに良い収納部分があるもの
(4)どこかに引き出しがついているもの
(5)「脚」が魅力的なもの

でした。実際に探し始めてみてクリアするのが難しかったのはサイズ。
幅は良いとして奥行きが問題でした。
普通、キャビネットっていうと、奥行きが45センチは超えます。
いいなぁと思うものがあってもまずサイズでアウト。

でも諦めないで探してみるものですね、
上記の条件をすべて満たすキャビネットを九州のお店で見つけたのです♪

鍵

(3)カップ類を並べるのに良い収納部分があるもの
以前のキャビネットだとお気に入りのカップ&ソーサーを二段重ねにしていて、
取り出すときにちょっとヒヤヒヤでした。うっかり手を滑らせたら大変なことに。
でもこれなら大丈夫。素敵な鍵で扉をダウンさせると…

カップコーナー

この通り♪重ねず適度なゆとりをキープしてきれいに並べられます。
その下は左半分がディスプレイスペース。
今はお気に入りのNils Thorssonデザインのちょっと渋めなフラワーベースたちと
Jens H. Quistgaardのレリーフ、トリオで飾っています。

ディスプレイスペース

そして右が条件「(4)どこかに引き出しがついているもの」を満たした部分。
適度な深さがある引き出し2杯です。

引き出し

もう一つの引き出しにはその深さを活かして
蓋ものたちを収納しています。

ちょっと長くなりそうなので、今回はここまで。
続きはまた後ほど書きたいと思います。

ちなみに、先のアメリカ製キャビネットは
大事に使ってくださる方のオウチに引っ越して行きました。
どうかかわいがってもらってね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【チークのキャビネット】 北欧らしいデザイン 〈後編〉 | Home | 【Royal Copenhagen】 TENERAの青い実

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

この感じ、この感じをずっとイメージしていました!念願かなってようやくデザイン的にもサイズ的にもぴったりなキャビネットを発見!!!妥協しなくて本当に良かった(涙)

2012.06.30 (Sat) 08:28 | まとめwoネタ速neo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。