スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 BACAのシックなフラワーベース

百合とか向日葵とか

落ち着いた茶色のシックなこの柄、
Nils Thorssonがデザインしたものの中では
一番アイテム数が多いように思います。

先日も書きましたが、私はこのフラワーベースの形が大好きで、
これを含めて6つ所有しています。
念願の花瓶

Greth Helland Hansenの青い実、

BACAと芍薬

Nils Thorssonの魚と花、

Berte Jessen 百合

Berte Jessenの植物柄、

南国の花

Johanne Gerberの森?

美味しそうにできました。.

Ellen Malmerのたんぽぽの綿毛。

これら、すべて同じ形。
そこにデザイナーたちが思い思いの色・柄を施した結果のこの個性。

最初に手にしたのはJohanne Gerberの芥子色。
Royal Copenhagenのちょっと古いものを集めだして間もなく
ヤフオクに出品されているのを発見し、手に入れたんでした。

ほぼ競争なしで、すんなり落札できた記憶があります。
今考えると、とってもラッキー。

以来「こんなのもあるんだ!」「Berte Jessenのデザイン素敵」と
揃えていたところ、気づけば6つ。

BACAの花瓶

今回のフラワーベースは今までの中で一番渋いです。
Nils Thorssonの「魚&花」と同じぐらいメジャーな柄。
この放射状に描かれたラインを見た瞬間、
私の中でこの柄の名前は勝手に「花火」になっているのですが、
何からインスピレーションを得た末に生まれたものなのか知りたいところです。

メインてんこ盛り

今回はここに百合、向日葵、アルストロメリア、薔薇、ガーベラと盛りだくさんで。
生けてから3日が経過した本日は、
百合が4つも開いてさらに華やかになっています。

この花器、残るデザインは2つ。

残るふたつ

どちらもJohanne Gerberのデザインによるもの。
さて、この子たちに近くご縁があると良いのだけれど。
今年のうちにどちらかだけでもお嫁に来て欲しいな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【KONO式名門ドリッパー】 コーヒーライフ充実計画☆第1弾 | Home | 【SHUTTERS 吉祥寺】 スペアリブにかぶりつき

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

落ち着いた茶色のシックなこの柄、Nils Thorssonがデザインしたものの中では一番アイテム数が多いように思います。先日も書きましたが、私はこのフラワーベースの形が大好

2012.07.11 (Wed) 19:46 | まとめwoネタ速neo
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。