スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jens H. Quistgaard】 DANSKのペッパーミル

pepper1.jpg

ずっとずっと憧れていた Jens Harald Quistgaard デザインのペッパーミル、手に入れました♪。
入手先はヤフオク。

Jens Harald Quistgaard のものって、実用的でありつつも
手に持ったときの感触とか、ビジュアルとか、
そばにあるだけでこちらを嬉しい気持ちにさせてくれるから好き。
pepper 3

本当にこの美しさたるや神がかってます。
デンマーク初の工業デザイナーとして知られるJens Harald Quistgaard ですが、
企業と緻密な関係を築き上げ、木、ガラス、金属、
様々なものを素材とした自身のデザインを製品化し、
量産に成功したわけですからその「商才」もかなりのもの。

pepper 2

今回私の元にやってきてくれたペッパーミルは
バーベキューサイズの大きな子。なれど、この大きさがまた可愛い。

ところでこちらのミル、最初は古いものかなぁと思っていたのですが、
ミルのデザインや素材、リサイクルマークなんかがプリントしてあるところをみると違うよう。
ということで、英語が得意でないながらもあちこちにお邪魔して調べてみました。

そこでわかったこと。JHQがデザインした数多くのミルの中でも、
初期、1960年代にデザインした中から5つのデザインを厳選し、
2009年に再生産・販売したもののようです。

アメリカのアマゾン【Danish Modern Store】というショップでは
現在も販売中でした。

私が入手したのは「Hank」という名前が付けられていました。
残りの4種類はご覧のとおり。

pepper 7

右上から時計回りに「Jack」「Rosie」「Jane」「Audrey」。どれも可愛い!

さてさて。問題はこのミルの使い方。説明書なんてないですからね。
どこからどうやって胡椒を入れればよいものか。

しばらくじーっと見ていると、ネットにある画像との違いに気づきました。
それらの全てには真ん中に隙間がない。ポイントはここか?と思い切って引っ張ってみると…

pepper 5

この通り、蓋?がとれました♪よかったぁ(っていうか、すっきりした。)!

出品されていた方は「ショップで購入して以来、飾っていました」とコメントされていましたが、
確かに。使った痕跡はなく、とっても綺麗です。

pepper 6

そして蓋をぐっと押し込んで、はい。正しき姿に戻りました(笑)。

ところで、 Jens Harald Quistgaard はミルもたくさんデザインしたと先に書きましたが、
果たしてどれほどの作品を作ったのだろう…と気になっていると、
【Nordiska Style】というブログで、こんな写真を発見しまして、
ここにお借りしてきました。

dansk_peppermills.jpg

すごい…垂涎もの、とはまさにこのこと。
ミルひとつでこんなにもたくさんのデザインを誕生させるなんて、
Jens Harald Quistgaardさんってば本当に天才。

この写真でJHQのミル熱が一気に上がった私は、
こんなものも購入してしまいました。

danish_pepper_lg.jpg

JHQのミルを96ページフルカラーでまとめた本です。
日本のアマゾンでも販売していますが、恐ろしく高い。



アメリカでは24ドル99セントで購入できますので、
近々渡米の予定があるお友達をお持ちの方は、頼むに限ります。

そんな知人が都合良くいるか!という方はヤフオクで検索を。
出品されていればアメリカ価格…とまではいきませんが、
それでもだいぶ良心的なお値段で手に入れることができるかと思います。

このJHQのミル「Hank」君は今週末、我が家でデビュー予定です♪。
というわけで日曜日のお料理のテーマは「胡椒が主役級」。
…そんな料理あるかなぁ。これからぼちぼち探してみます。
あ、これをご覧の方でおすすめのひと品をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひ教えてください!お待ちしています♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【&Y】 エナメルヒールパンプス | Home | 【Gustavsberg/Karin Bjorquist】 染め付けみたいな

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。