スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Soholm】 北欧らしい青がステキ。

Soholm(2).jpg

北欧の建築に造詣が深い方が「Soholm(スーホルム)」と聞けば
建築家アルネ・ヤコブセンがデザインし、
彼自身の終の棲家ともなった集合住宅を思い出されるでしょう。

「スー」はデンマーク語で湖、「ホルム」は小さな町という意味だそう。

今日はその建築物…ではなく、スーホルムはスーホルムでも
「スーホルム窯」のフラワーベースの登場です。
ただ今のキッチンフラワー、クルクマ。
それを活けているのがSoholmの花瓶です。

ちょっと日本の民芸にも似た雰囲気ですよね。

Soholm(3).jpg

花瓶が主張しすぎず、でもおとなしすぎず、
釉薬が作り出す自然の模様も美しく、一つ二つ…と数を増やしていったSoholm。

Soholm(4).jpg

一番気に入っているのは左から2番目の花瓶。
色の掛け分けも形も大好き。サイズ感もこれらあたりがベスト。

Soholm(5).jpg

裏のサインも作品によってまちまち。
ハンドペイントのものもあって素敵。

Soholmの作品は厚みがあって重たいので、
これより大きいものになるとちょっと扱いにくい。

…なのに、デザインだけを見て大きさは確認せず、
私がもっているアレぐらいのサイズよね…と、勝手にイメージを作り上げて
オークションにて落札してしまった大きなものも我が家にはございます(汗)。

この手の「うっかり」が絶えない私。

Soholm(6).jpg

一輪挿しのつもりだったのに、蓋を開ければ十輪差し(笑)
ホント、段ボールを開けた瞬間笑っちゃいました。

でも可愛いし、どんな重い花材を入れてもまあびくともしないので
びっくり笑い…をした割には重宝しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 TENERAのコーヒーポット | Home | 【STAUB】 我が家のストウブ全部お見せします。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。