スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 ベルテ・イェッセンのティーポット

Berte Jessen Pot (1)

大好きなロイコペ、テネラの「あの」シリーズのティーポットが
私の元にやってきてくれました。
デザイナーはもちろんBerte Jessen。

この色、柄、どう形を変えても可愛い。
藤の持ち手と組み合わさった日には可愛さ10割り増し。
でもご覧の通りこのポット、蓋が割れちゃっています。

Berte Jessen Pot (3)

それを陶芸を生業とする方がご自分の釜に入れて
割れたところにのみ釉薬をかけ、再度焼かれたんですって。
以前漆接ぎのお世話になったことはあるけれど、
そういう方法もあったんだ、と目から鱗。

Berte Jessen Pot (2)

ふつうの人ならまず手を出さないところでしょうが、
私はその「焼き直された」っていう所に無性に惹かれました。

この大きく入ったヒビがこのポットに個性を与えているようにすら思えて。

Berte Jessen Pot (4)

中はこーんなに綺麗なんですよ。
まだまだ使える。

以前のオーナーさんのところで割れてしまったのか、
はたまた割れたものを入手されたのか、それは定かではありませんが、
そういう技術を持った方のところに嫁いだのがこの子の運命なら
こんな変わり者で物好きな私の目にとまったのもまた運命。

大事にでもしっかり使い込んであげよう!そんな気持ちでもらい受けました。

キャビネット(1)

その記念に…といってはなんですが、キャビネットディスプレイを変えてみました。

キャビネット(2)

一番上にはBerte Jessenのフラワーベースを。
青が基調のデフォルメ植物柄。

キャビネット(3)

中段のディスプレイスペースにはこのポットの仲間たちを。

キャビネット(4)

実は以前の記事にも書いたように、
この子たちはみんな訳ありです。

フラワーベースには底にかけがある。
コーヒーポットは全体に貫入がある。

だけどいずれも、本来の用途はしっかり果たしてくれる。
私にとって器は芸術性は備わっているにしても、あくまで実用品。

そういう意味ではまだまだ現役のこの子たち。
その役割をこれから存分に果たさせてあげたい、と思いつつ、
それぞれを愛でているところです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【yucca】 さよなら、yucca。 | Home | 【Riihimaen Lasi】 琥珀色のGrapponia

コメント

こんにちは!なんて素敵なディスプレイ―――!!ほんト、デンマーク人のお宅でこんな感じのお宅ありますよ―!!素敵★
それに環さんの、「ビンテージでも新品みたいでピカピカのものじゃなきゃいや!」って言う方とは違う、本当に「歴史あるものをいい味を楽しみつつ受け継ぐ」って言う姿勢が本当に素敵だと思います^^

それにしてもTenera / Bacaシリーズはほんとにチークと合いますよね♪
あ、そう言えば…今出品待ちのTenera/Bacaシリーズがあります・・・。
花器メインですが、もう少し待ってみて見てくださいね―♪

2012/07/27 (Fri) 19:41 | Leksak #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

嬉しいコメント、ありがとうございます。v-22
そんな姿勢…なんて立派なものではないかと思うのですが、
歳を重ねるに従って、人にも物にも寛容になってきたかなぁという気はしています(笑)。

出品待ち!アップされるのが楽しみです♪しかも花器メイン、なんて嬉しい。
明日から出張続きなのですが、見逃さないようにしなくちゃ!

2012/07/29 (Sun) 03:44 | 環(たまき) #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。