スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 マリアンヌ・ジョンソンの小皿、揃い踏み。

ロイコペ小皿(1)

今日明日と、どうにか夏休みを取ることができました。
初日の今日は夏の大掃除。午前中はお天気に恵まれず、お洗濯は明日に延期。
とりあえず、台所を中心にいつもは見て見ぬふりをしているところまでしっかりと。

最近モノが増え、ゆとりがなくなり始めていた食器棚も点検。
1年間全く使わなかった物は必要な人に譲る、というのがマイルール。
その作業をしている最中、ふと目にとまったのがこの小皿たち。
日々薬味をのせたり、夜中に小腹が空いたときつまむナッツを盛ったり、
可愛いだけじゃなく大活躍!
実は「お玉置き」としての出番が一番多いのだけれど(笑)。

ロイコペ小皿(2)

ロイヤルコペンハーゲン、TENERAの小皿です。
デザインは全部Marianne Johnson。
これはしっかりとした色合いのものが良くって、
こだわって集めた子たちです♪

ロイコペ小皿(3)

一番のお気に入りはこの手前のひと皿。
ミステリアスな水色に一目惚れ。
同じ柄の角皿と花瓶も持っています。(花瓶の記事はこちら→

こんなに可愛いのにいつもお玉置きじゃ可愛そうだから…と、
キャビネットディスプレイを模様替え。
今回はこの小皿たちを主役にしてみました☆

ディスプレイ(5)

まずは中央にこの小皿4枚を並べて、

ディスプレイ(3)

お花は大好きなBerte Jessenの花瓶に。
ご近所の花屋さんでひと束100円で売られていたコスモス。
水揚げが難しくて、いまいちしゃっきりしてくれないけれど、
お値段がお値段なだけに文句は言えません。
色合いもお皿たちにぴったりなら、季節感もバッチリ。

ディスプレイ(1)

暦の上ではもう秋ですが、時折吹く風の涼しさにも、
もうすぐ夏が終わろうとしていることを感じる今日この頃。
…その感じをイメージしてみました。

ディスプレイ(2)

中段のディスプレイスペースは明るく、でも渋めに、
Nils Thorssonの魚&花柄の花瓶たち。
上の写真にはお掃除の時に避難させたまま忘れてしまった
リサのボートが乗った状態になっていますが、こちらが完成形。

カメラもディスプレイに取り込んじゃいました。
置き場所にもなるし、一石二鳥。

お掃除が一通り済んだので、これからはお料理三昧。
もう作りたい物は決まっているのですが、
オーブンにかなり頑張ってもらう予定になっています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
最後までご覧いただきありがとうございます!よろしければワンクリックお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Ghidini】 ボトルキャップと妄想ショッピング | Home | 【USB AROMA TIME】 職場でもこっそりいい香り♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。