スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 Marianne Johnsonの水の器

水の器(3)

今更ですが「塩麹」と「しょうゆ麹」にはまっています。
特に「しょうゆ麹」。炒め物なんかで醤油の代わりに加えると、
コクが出てまろやかな仕上がりになるので特に気に入っています。

おつけ物も簡単。野菜を適当に切って、ビニール袋に入れたら、
野菜の重さの10分の1の量の塩麹を加えて軽くもみ、
空気を抜いて口を閉じたら冷蔵庫へ。1日後からが食べ頃です♪

…ではなく、本日の主役はこの器。
お漬け物もまあよく似合うモダンな鉢はロイヤルコペンハーゲンのTENERAシリーズ、
マリアンヌ・ジョンソンがデザインしたものです。
水の器(1)


この模様、花瓶だったり角皿だったり、小皿だったり、
蓋物やシガーケースにもなっていて、どれもとってもキュート。

くすんだ感じの水色と紫を使って描かれた柄は植物がモチーフ?
華やかさと透明感を兼ね備えていて、個人的に大好きなデザインです。
私は勝手に「水の器シリーズ」と呼んでいます。


…ということで、今までも紹介してきたように
気づけばこの柄、4種類もアイテムが揃っていました。


水の器(4)


現在、これらをキャビネットのディスプレイスペースにお飾り中。
帰宅後、掃除の締めくくりにまたまたディスプレイ替えを。
明日はその模様も含めてお送りいたします♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Jie Gantofta】 素朴で可愛い「魚屋さん」の陶板 | Home | 【Royal Copenhagen】 孔雀の小さなVASEと壁家具

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。