スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Jens H. Quistgaard】 Kronjydenの茶色な花瓶

Kronjyden茶花瓶

以前紹介したこちらの花瓶→の色違い。
オフホワイトのトルコキキョウが昨日、ビッグフラワーでの戦利品♪

この花が似合う花瓶は…とキャビネットの前に座り込んでいたときに
目に入ってきたのがこれ、でした。

Kronjyden茶花瓶(2)


底には可愛いクロニーデンのスタンプ。
もう既にお花を生けてしまっていたので、よいしょと持ち上げて、
手がフルフルするのをなんとかこらえつつの撮影。


Kronjyden茶花瓶(3)


同じように見えて、並べてみるとこんなに色合いが違います。
じゃあReliefの茶色アイテムと一緒?と思いきや…


Kronjyden茶花瓶(4)


ジャムポットよりもだいぶ柔らかな色味。
かなり好みの色です。

そういえば。2009年のエル・デコを改めて引っ張り出して眺めていたのですが、
ワタシの大好きなRoyal CopenhagenのBACAとTENERAシリーズ、
Wiinblad、そしてこのJens H. Quistgaardが揃って特集されていたのに気づきました。



北欧の中でも特に好きなデンマークデザイン。
今見ても魅力的なエル・デコ。ウィンブラッドの家、一度訪れてみたいものです。

さて。まとめ売りのビッグフラワーですから、
トルコキキョウもこんな量じゃスミマセン。
10本で800円ちょっと…なんですが、
トルコキキョウってひと枝にたくさん花が付いているので
実際の本数以上にボリュームがあるように見えます。


トルコキキョウ


ワタシのお花生活には欠かせないholmegaardのフラワーベース。




もう残りはクリアのみ。売り切れる前にやっぱり買いたい!
そして。先日入荷したスモークのミニサイズ、3種類。




何と、ショートとミドルの2個でお買い得価格になるセットも。





そして、ちょっと訳ありでも安い方が良いわ~という方にはこちらがお薦め。



今日みたいに一種類の花を潔く活ける時のために持っておきたいイッタラのアアルト。




買うなら絶対高さ16cmのLサイズ。
トルコキキョウなら、ホルムガードの手持ちの花瓶より、
こっちの方が絶対にきまる!と思うんだよねぇ。欲しいぞ。


壁家具にオハナ


そして、この夏取り付けて以来すっかり気に入った壁家具。
そこにもスーホルムの小さな花瓶に活けたキキョウが。

ようやくフラワーショップにもお花の種類が増えてきました。
この夏の残暑も一段落といったところか…。

夏が去ってしまうのはちょっと寂しい気もするけれど、
大好きな秋がもうすぐそこまで来ていると思うと嬉しくもあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつもクリックしてくださる皆さま、ありがとうございます♪






関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Gunnar Nylund】 ミステリアスな青い深皿 | Home | 【根曲竹の椀かご】 楕円の大きなのをふたつ。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。