スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【旅日記】 オーストラリア編

AUS(5).jpg

1週間、仕事でオーストラリアに行っておりました。
何度行っても肌に合う!と思う国です。

気候風土、食べ物、行き交う人々、
全てが心地よい。永住…とはいかないまでも
何年か暮らしてみたいという思いを新たにしました。

写真は言わずと知れたSydney Opera House。

デンマークの建築家ヨーン・ウッツォンによるデザイン。
計画当初7億の予算が、建築を終えてみれば総工費100億を超えたという
いろいろな意味で凄い建築物。個人的には中のトイレのデザインが凄く好き。


AUS(4).jpg


こちらはSt Mary's Cathedral。
一歩脚を踏み入れると荘厳な雰囲気に圧倒され。
蝋燭を灯して本来は懺悔すべきところ、
うっかりお願い事をしちゃって
あ、間違えた…と気づいたのは少し後のこと。


AUS(3).jpg


Darling Harbourで仕事仲間とシェアしたシーフード料理。
サーモンも牡蠣も文句なしの美味しさ。


AUS(6).jpg


ある日のランチはディルの香りが強烈なハンバーガー。
甘みの強い味付けが独特。


AUS(7).jpg


シドニータワー近くにあるショッピングアーケードQVB。
歴史ある建物のすばらしさもさることながら、
地下にあるVictoria's Basementというキッチン用品のお店が大好き。
今回はちょっと立ち寄っただけで何も購入しなかったけれど、
そこにいるだけで幸せな気持ちになれる空間。


AUS(1).jpg


ところ変わって、こちらはメルボルンのQueen Victoria Market's。
個人的には生鮮食料品を扱うFruit and VegetablesとそれからDeli Hallが好き。
メルボルンに住めたら週一で通うこと間違いなし。


AUS(2).jpg


せっかくだからとコアラにも会いに行きました。
爆睡する姿に萌えまくり。


お土産


観光旅行ではないため、ムートンやUGGのブーツまでは購入せず…でしたが、
やっぱり買いたいお土産。今回は蜂蜜と塩、そしてイヤーキャンドルを持ち帰ってきました。

蜂蜜はタスマニア固有の植物、レザーウッドから採れたもの。
あちらの方の話だと、癖のある個性的な味とのこと。
育ち始めてから70年を過ぎてようやく花を付け始めるのだとか。
果たしてどんなお味か、蓋を開けるのがとっても楽しみ。

そして塩はMURRAY RIVER SALTというもの。
フレーク状で薄いピンク色のこちらは見た目がまず素敵。
味も甘みがあって絶品とか。根菜類、特にグリルと良く合うというから早速試そう。








飛行機は相変わらず辛いけれど、
それでもほとんど時差がないだけオーストラリアは楽だな。

次は絶対個人的に行くぞ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 旅行記 | ジャンル: 旅行

【Jens H. Quistgaard】 DANSKのスナックトレイ&ボウル | Home | 【白山陶器】 森正洋の平茶碗

コメント

更新がなかったのでお忙しくされてるのかと思ったら、海外へ行かれてたんですね^^ (いや、もちろんお忙しいのでしょうが)
私も大のオーストラリア好きなのでまた思わずコメントしてみました。
写真のシーフード盛りやCITYの写真に自分の思い出が昨日の事のように甦ります(笑)
オーストラリアって日本人には大ヒットなのでしょうかね?私も同じくどれをとっても肌に合う!って思います。(・・・なぜかヨーロッパの片隅に住んでますが。)若い頃に半年くらいバックパックでウロウロしてました♪ 長々とスミマセン!

2012/10/16 (Tue) 22:41 | bohemien #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

bohemienさん

またまたコメントありがとうございます。
オーストラリアでも生活されていたことがあるんですね。素敵。
20代の頃、もっと寄り道すればよかったぁと今さらながらですが思っています。

ヨーロッパも街並みが素敵だったり、食べ物がおいしかったりする国はたくさんあるのでしょうが、
何しろ言葉の壁が…。その点オーストラリアは英語でOKなだけではなく、
片言の日本語を話される方や、あちらで仕事をされている日本の方にも度々お会いするので、
適度に日本語を使う機会がある、という点も私にとっては過ごしやすいと感じるポイントかも知れません。

2012/10/17 (Wed) 22:45 | 環(たまき) #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。