スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中西洋人】 くるみの木のコーヒーミル

PC240711.jpg

鎌倉の【cafe vivement dimanche】さんに「中西ミル」を注文したのは
たしか6月のこと。以来月に一度現況報告ということでメールをいただき、
首をながーくして待つこと半年。

そしてようやく予約の順番が回ってきたよ!との連絡をいただき、
この連休、いざ鎌倉!喜び勇んで行って参りました♪

※その様子、詳しくは別ブログ「28平米の1Kから。」に綴りましたので
 お時間ありましたら是非のぞいてやってください。
 【冬の鎌倉で口福三昧な一日。】



PC240708.jpg

ボディにクルミの木を使用し、仕上げにクルミ油をたっぷり含ませたという中西ミル。
何と言ってもこの佇まいがいい。

ボディの部分は可愛らしいのだけれど、
ミルの部分は黒と鉄で重厚感たっぷりなので、
格好良さも感じられるところが素敵。

PC240719.jpg

コーヒー豆のために用意していた普段使っているのより一回り小さな
チャバツリーの容器。そして今回新しく揃えたオウチの形が可愛いコーヒーメジャー。





新入りながらも既にお気に入りの道具たちを使って、
早速コーヒー豆を挽いてみます。

PC240723.jpg

コーヒー豆ってどうしてこんなに美味しそうなんだろう。
生まれて初めて体験する豆挽き。
ゴリゴリという音と手に伝わる振動が得も言われぬ心地よさ。

初めてなので挽かれた豆の粗さを見つつ調整しながらの作業。
これだ!という挽き具合を見つけて挽くことしばし。

PC240725.jpg

完成。

使った後はきちんとお手入れ。

PC240726.jpg

レデッカーのブラシでミルに残ったコーヒー粉をぱぱぱっと払って。



ディモンシュの奥様にはエアスプレーがいいですよ、と教えていただいたのだけれど、
まだ購入していません。明日忘れなかったら買ってこよう。

さて。早速コーヒーを淹れてみると、豆が膨らむ膨らむ。
その盛り上がりっぷりに驚きましたよ。
挽き立てってこうなんだよね、とひとり満足。

PC240730.jpg

このミルで豆を挽くためにこれからさらに早起きに拍車がかかりそうです。

ここからはおまけ。これまた別ブログに書いたのですが、
キッチンのペンダントランプ、自分で作ってみました。
…もちろん既製品を組み合わせただけですが、
これがなかなかのできで。

PC250753.jpg

よかったらこちらも読んでやって下さいませ。
【ASPLUNDのデコレーションを使って自作ペンダントランプ。】

いよいよクリスマスも終わりですね。
っていうか、私は先ほどクリスマスのデコレーションを全て片付け、
お正月の飾り付けに着手しました。

今年は素敵なリースもゲットしたし、
「福」を招いてくれそうな子たちもお嫁に迎えたので
お正月デコレーションも素敵に仕上がりそうです♪楽しみ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
本日もご訪問ありがとうございます!
そしていつもここをクリックして下さる皆さまには重ねて感謝です(*^_^*)





関連記事
スポンサーサイト

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

【Gustavsberg/Edvard Lindahl】 手のひらサイズのフクロウ | Home | 【Chemex】 ガラスハンドルコーヒーメーカー

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/21 (Sat) 16:40 | # | | 編集
Re: ドリップサーバーについて

鍵コメさま

ご訪問&コメント、ありがとうございます。
中西ミルはおっしゃるとおり、もう予約は受けてくれないようですね。
取り扱いのあるショップに足を運ぶか、
あるいは個展で手にいれることになるのでしょうか。

ご質問に合ったガラスのキャニスターですが、
「チャバツリー」のものです。
自分は「私の部屋」というショップで入手しましたが、
インテリアショップやデパートの家庭用品売り場などでも見かけるほか、
ネットでも取り扱いが多数ありますので、調べてみてください。

中西ミル、手に入ると良いですね。
ご縁があることをお祈りしております!

2015/03/22 (Sun) 13:23 | 環(たまき) #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。