スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【松川だるま】 仙台のご当地だるま

P1010863.jpg

この表情、いいでしょう?
仙台のご当地だるまで「松川だるま」と言います。
今は仙台市青葉区にある「本郷だるま屋」の9代目ご当主が作られているため、
別称「本郷だるま」で呼ばれることもあります。

ポイントは顔周りの「青」と、このいいお顔。


2013-01-01.jpg

いやね、仙台を離れてだるまを見る機会なんてそうなかったのですが、
ある年、初詣に行ったとき、沿道に並ぶ出店にだるま屋さんがあって、
真っ赤なだるまに違和感を覚えたんですよ。

「?」私が今まで見てきただるまとは別物だわ…って。

そう。私にとってはこの青いだるまこそがだるまそのもの。
…と思っていたら、だるまも地域によって様々種類があることをしったのは
つい先週のこと。気づくのが遅いってねぇ。



関東だとこの「高崎だるま」が一番有名なのでしょうか。
(それすらも詳しくは分からない…)

とにかく、私が小さい頃から見てきただるまはこの「松川だるま」。
顔周りの青は海をイメージしたものだとか。
私のは 安い 手頃なだるまさんなので
お腹に書かれているのは布袋さんですが、ちょっとお高めだるまには宝船が描かれています。
そして。グレートが上のだるまだと…



なんと眉毛がリアルな毛になります(笑)。
これ、おしゃれでもギャグでもありません。本気です。

リアル眉のだるま、素敵ねぇ…と電話で母に話したら、
「じゃあ今度送るから(仙台弁で)」と。
…ホントに送られて来たらどうしましょう…。。。。職場にでも持っていくか。

P1010864.jpg

今年はこのだるまさんに見守ってもらいつつ、
日々平穏で、健康であれたらいいな…と思っています。

そして、一年の計は元旦にあり。ここに今年の目標を…と思ったのですが、
まだ考えていないことに今気づきました。
これからゆっくり考えて、手帳にこっそり記しておこう。

P1010876.jpg

今年もきちんと焼きハゼで出汁を取ったお雑煮でスタートできたことに感謝。
(セリがなかったことだけは悔やまれますが…)

P1010873.jpg

そして今年も気の向くまま&時間の許すときの更新になるかと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

【Ilmari Tapiovaara】 Pirkka Chair | Home | 【Gustavsberg/Britt-Louise Sundell】 Ringoシリーズの不思議な動物

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。