スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Lisa Larson/Gustavsberg】 Stora zoo Katt

P3241619.jpg

猫好きだというLisa Larson
それだけに彼女が手がける猫たちはどれもそれぞれに愛らしい。

こちらの猫はこれまでも何度か画像ではお目に掛かっていましたが、
とあるショップの店頭で実物を見る機会があり、
その表情、縞模様、大きさにすっかり魅了されたという次第。

リサ・ラーソンの「Stora zoo Katt」です!

P3241622.jpg

なんとこれ、全長が33センチもあります!
私が持っている陶製オブジェの中でも飛び抜けて大きい。

それだけにその存在感たるや、
他のナニモノをも寄せ付けないものがあります。

P3241621.jpg

お腹にはこんな感じのシールが二つ。
何か書いてあるのが見えますが、その内容は解読不能です。。。

P3241623.jpg

釉薬のかかり具合や焼成の加減で
微妙に表情や模様のでかたが違うところもまた魅力なのですが、
この子はくっきりと縞模様が出ていて、
顔立ちもしっかりとした可愛い猫です♪

P3241620.jpg

さらにこのずんぐりとした尻尾。たまりません!!

だいぶ集まってしまった陶製の動物たち。
生きていく上で必ず必要なもの?と聞かれたら
「NO」と答えるしかないけれど、
そういうあってもなくてもいいものが
暮らしを彩り、豊かな気持ちにさせてくれるという思いを新たにする今日この頃。

ちょっと数が増えてきたこの子たちも私ものびのびさせてあげたくて、
もう少し広いお部屋に引っ越したいな…なんてことも最近考えています。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Upsala Ekeby/Mari Simmulson】 赤いフクロウ | Home | 【ヘレナルビンスタイン】 プロディジーP.C.ファンデーション

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。