スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ARABIA/Raija Uosikkinen】 Sinilintu=大きなカップ&ソーサー

P3261665.jpg

ライヤ・ウォシッキネンが手がけた特大サイズのカップ&ソーサー。
以前に紹介した"Ulla Procope"デザインの"Fiesta"とイイ勝負!
っていうぐらいとにかく大きい。ラテならたっぷり2杯分は入ります。

シニリントゥ=青い鳥、というその名のごとく、
カップには深い青一色で羽を大きく広げた鳥が描かれています。

P3261668.jpg

製造年代は1970年前後の数年間。
かれこれ40年は経ていると思われますが、
古さを全く感じさせないところに
北欧デザインの底力、普遍性を感じます。

P3261669.jpg

大きさを比べるため、
Gustavsbergのプルーヌス、コーヒーカップ&ソーサーと並べてみました。
プルーヌスはやや小振りな作り、とはいえ、
かなりのサイズであることが分かります。

P3261666.jpg

ちなみに、他のカップ&ソーサーには類を見ない
個性的なフォルムはUlla Procope(ウラ・プロコッペ)によるデザインとのこと。

飛び抜けた才能を持つ二人によって生み出されたのですから、
素敵じゃないわけがない。

毎朝の定番となっているトーストとラテの組み合わせも
このカップをテーブルに並べるだけで
ちょっと豪華に見えるのはこのデザインの力、かな。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【menu】 ソルト&ペッパーグラインダー | Home | 【ARABIA/Ulla procope】 Valenciaのトリオ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。