スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クリスチャンヌ・ペロション】 黒の平鉢

ペロションの黒

繊細な艶のある釉薬がかかっているので、光の具合、見る角度によって表情が全然違う。
その独特の釉薬、発する光ゆえ、カメラを向けてもなかなかピントが合わず、苦労しました。
最近手に入れたクリスチャンヌ・ペロションさんの黒い平鉢。


そうして苦労して撮影したにも関わらず、どの写真も実物の色が出ていないのが悔しい!

それはさておき…これは陶器ながら手にしたときの絶妙な薄さと軽さ、
手のひらで包んで見たときの収まりの良さに驚きます。

鶏肉団子と飛竜頭の煮物.

何よりお料理を盛りつけたときの格好良さときたら!
しばし食べることを忘れ、うっとり眺めちゃいました。

次はもっと大振りのグリーンか紫系の器をお願いする予定。楽しみ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 陶芸 | ジャンル: 学問・文化・芸術

【星耕硝子】 オリーブオイル差し | Home | 【Gustavsberg/STIG LINDBERG】 花咲くファイアンス

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。