スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Royal Copenhagen】 ベルテ・イェッセン蒲葡色の花瓶

秋の野原

先日、吉祥寺のとあるアンティークショップで、久々の衝動買いをしました。
それがこちらの花瓶ロイヤルコペンハーゲンRoyal Copenhagen)、
ベルテ・イェッセンBerte Jessen)デザインの蒲葡色の花瓶です。
これ、日本の伝統色の名前なのですが「えびぞめいろ」と読みます。
洋色ではこの色を表す名前が無くて、和色を探したところ見つけました。

何とも言えないニュアンスの紫と鶯色のようなグリーンがとてもきれいです。
残念ながらこちらの花瓶、底にちょっとカケがあるのです。

Berte Jessenの花瓶

でも、花を飾って使う分には全く問題なし。
しかもこのカケがあったために、驚くほど安くなっていて、
見た瞬間に飛びつきました(笑)。

早速、花瓶の色やデザインからインスピレーションを得て、花を選びました。
イメージは「秋の野原」。

あ、そうそう。この花瓶、デザインは先に書いたようにベルテ・イェッセンのはずなのですが、
底にはなぜかグレート・ヘラルド・ハンセン(grete helland hansen)のサインが。。。
うーん、これ、絵付け師さんが間違えたんでしょうか。
真偽の程はわからず。どなたか、ちょっと古いロイヤルコペンハーゲンに詳しい方、
ご存じでしたら教えてください!



こちらベルテ・イェッセンの作品。ね、花瓶の雰囲気と似てるでしょう?



これがグレート・ヘラルド・ハンセンデザインのカップ。
…全然違うんだけどなぁ。何で間違えたんだろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 北欧インテリア・雑貨 | ジャンル: ライフ

【Royal Copenhagen】 エレン・マルマーの丸皿 | Home | 【マヤムー(majamoo)】 白樺のポットスタンド

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。