スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山中漆器】 あきない汁椀

輝くお粥

石川県の山中漆器で作られている汁椀「あきない」です。
その名前には長く使っていても「飽きない」という意味があります。
ほぼ毎日汁物をいただく私にとって、熱いモノを入れてもその熱が伝わりにくく
なおかつ中のものが冷めにくい漆器は欠かすことができません。
なによりその手触りと柔らかな口当たりは陶器や磁器からは得られないもの。

大中小と取りそろえている中でも、このお椀はたっぷり入る大きめサイズ。
なので、こんな風にお粥や雑炊、ちょっとした麺類をいただく際にも重宝しています。

そして、時には…

あきない

晴れの日の器としても大活躍!

ちょっとコリラックマの蒲鉾なんかのせて遊んでみましたが、
今年のお正月に作ったお雑煮。
品と深みのある朱は、こんなお料理もよく映えます。

毎日使っていても本当に飽きない、そして無くてはならないひと品です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 和風、和物、日本の伝統 | ジャンル: 趣味・実用

【田村一】 スープカップ | Home | 【Royal Copenhagen】 可愛すぎる鍋敷き

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。