スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宮岡麻衣子】 白磁陽刻七宝文 小皿と小鉢

宮本麻衣子さんの小皿

東京都青梅市で作陶されている宮岡麻衣子さんの「白磁陽刻七宝文」、
小皿と小鉢です。
「陽刻」とは、表現しようとする形、線や面を彫り残しておくこと(だそうです)。
それを知ると、小さいといえど、この小皿と小鉢を作られるのに、
どれほどの手間をかけたのだろう…と、その作業の大変さ、細やかさに頭が下がります。

宮本麻衣子さんの器

器自体も薄く作られていて、手にすると驚くほど軽いです。
まさに繊細な器。でもそれは決してひ弱、ということではなく、
しっかりと焼き込まれた磁器の丈夫さも兼ね備えているので、
「こわごわ」ではなく「安心」して手にすることができます。

どちらも昨年水道橋にある器や【千鳥】さんで行われた個展にて、
初日にご本人から購入したもの。

以来何度か個展のお知らせをいただきながら、
場所と日程の折り合いが付かず、なかなかお邪魔できていません。
次回こそは、ぜひぜひ伺いたいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: **暮らしを楽しむ** | ジャンル: ライフ

【今日のゴハン】 おかゆ定食 | Home | 【DUVETICA】 デネブ(DENEB)/パープル

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。